Indie Rock専門レコード店TINY RECORDSのBlog Site。ほぼ日で更新中。
by tiny_yagihashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Nothing Can Stop Pop
お気に入りと公言してはばからなかった弾き語りイベントLesser Free Trade Hall、毎月開催していたKING SIZEを一旦終了するという事をお知らせした訳で、賢明なおぬしは察した事と思われますが、ワタクシ八木橋は2月20日をもちまして3年とちょっと勤続したclubasiaを退社致します。

なるべく顔を合わせて皆にお知らせしたかったので、その事が決まってからイベントなどで顔を合わせた人には口頭で極力伝えてはいたのですが、自分自身、あまり今イベント等も顔を出す事ができず、口頭でお知らせしていると3年くらいかかってしまいそうだったので、ひとまずこのブログにてお伝えします。

せめてメールを一人一人にとも考えていたのですが、言い訳がましく言いたくないのですけど、メールを打つ時間が取れず、このブログもかなり急ぎで打っています。
落ち着いたら連絡先分かる人すべてにメールします。


これ、本気で考えてる事や思ってる事を書こうとしたら、10万字とかほんとになりそうなので、あえてエモーションあまり込めないで書きますね。

まず、ワタシは19だか20歳でレコ屋店員を初めてからというものの、asia入る前のTINY RECORDS時代までの間、ずっと洋楽のレコードばかりを追ってきていました。
なもので、asiaに入った頃に今一緒にイベントを作ってもらっているようなバンドはほとんど知りませんでした。
その時点で顔なじみだったバンドはPLASTICZOOMSとThe Haikusくらいじゃないかしら。

最初はPLASTICZOOMSと一緒にUPTIGHTという名前でasia P(現Glad)でパーティーを2回やりました。
The HaikusやNaLas、NEW HOUSEも出てくれました。

そしてROCK ACTIONの1回目をclubasiaでやろうって事で最初に声をかけたのもPLASTICZOOMS。
やはりThe Haikusにも出てもらって、この直前に知り合ったThe Mammals、Tequila69で何度か出てもらっていたBuffalo'3、いまや腐れ縁のThe Quandataもこの1回目に出てもらいました。

これまでにもちょこちょこ口に出してるけど、だからほんとPLASTICZOOMSには自分がこういったLiveイベントをやれているのは彼らのお陰だと感謝しておるのです。

そこからは早いもので、ROCK ACTIONは2年以上毎月やっていて、その他にも毎月色々なイベントをやったり手伝わせてもらいました。

たぶん、「あいつイベントやり過ぎじゃね?()」と思っていた人もいると思います。

そこはまあ自分でもそう思うのだけれど、やり過ぎていてもその1回1回が成立しているのなら何回でもやって良い。と、ワタシはこう思うのよね。
何故って、そりゃあ良いバンドやDJは観てもらえる機会多い方が単純に良いもの。

asia入るまでは正直ライヴハウスでやってるようなバンドマンって俺、毛嫌いしてたフシさえあったんだけれど、本当に彼等は真剣にバンドなんてハイリスクな活動にいろんなもの削って頑張ってるし、話をしてみると良い奴も多い。

それまで自分もDJだったりDJイベントを既に長らくやっていたのだけれど、どうしても自分と周りのモチベーションが合わずでずっと物足りなかった虚しさを彼等はいっぺんに晴らしてくれました。

同じ目標で一緒に頑張ろうという奴なんていないかと思ってたのに、バンド連中にはわんさかいて、なんだかそれまでの数年損した気持ちでした。


今年はちょっと他にどうしてもやりたい事があって、でもasiaでやり残した事が全く無いかと言えばまだあるから、そこはちょっと今こうして打っていても「う〜む。。」となる所はあるのだけれど、そのやり残しも協力してくれる人達もいるし、欲張り過ぎるとは思うけれどこれからみんなで全部やろうって思っております◎

導入が長い文章な割に、中間を随分はしょった文面になった手応えがあり、その稚拙な文面を自分で読み直すのが既に嫌になっておりますが、会った時や、今後我々がやる事を見てもらって、はしょった文章を読み取ってもらえたら幸いでございます。


月に何度もお誘いメール送っても嫌な顔せずに受信してくれた皆さん、
あんなペースで開催しているのにいつも遊びに来てくれる皆さん、
毎度抜群とはいえぬ環境でも嫌な顔せずパーティーを作ってくれたDJsやVJ NI-W!やスタッフの皆さん、
フードだったり、ライヴペイントだったり、フリマだったり、思いつきの急なお誘いの時でも対応してくれた皆さん、
俺のようなモンを頼りにして相談してくれたり、素敵なパーティーをasiaに持ち込んでくれた皆さん、
全然これからもイベントとかやるけど、ひとまず本当にありがとうございました!!!

そして、毎回朝まで帰れないあんな大変なイベントばかりやる八木橋のイベントを必ず全力で盛り上げてくれるasiaスタッフの皆さん、君らがいなければ良いパーティーできない以前にとっくにasia辞めてました。ほんとありがとう!焼き肉まじで全員まとめて連れてくからよ〜◎


一応、asiaの人としてasiaでイベントをやるのは2/14のKING SIZE 11で最後です。
でも退社翌日の2/21にROCK ACTIONやります笑
3/13にもやるし4/25にもやります笑

というのもあってなんかおおっぴらに言うのためらっていたのですが、やっぱり相当周りの皆さんには協力してもらったし、しれ〜っといなくなってるのも嫌だったので一旦ここにしたためました。

先に書いた通り、落ち着いたら改めてご連絡ご報告しますのでこのブログで退社知った人、ほんとごめんなさい。

それではまたパーティー現場やSNSとかで◎

※ブログ記事タイトルは、セイント・エティエンヌからPEANUTS RECORDSさんから拝借したスローガンを更に拝借しました。タイトルとか決めるの苦手で、、
[PR]
by tiny_yagihashi | 2012-02-07 01:23 | Diary
<< 近況を写真にて◎ KING SIZE 11 @c... >>